スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
最果ての地で君を待つもふもふ!
2009-07-26 Sun 03:14
調理倉庫くんのスキルが93に上がりました。
おかげさまでクァールサンド卒業です(´∀`)
その後の経過を申し上げますと…
ペレシコス・オレを3Dほど座りつつ、ソテー53皿追加で見事スキル93に到達!
やったー!

…はぁ…つかれた……


さてさて。
今から一月程前の出来事なのですが恐山へいってまいりました。
機会があったら是非とも足を運びたいと思っていたのですが、なにせ下北半島。
なかなかそんな機会があるはずもなく…
たまたま仕事で近くに行って、たまたま用件が早く片付いて、んじゃいってみよー、と
運良く?逝けることが出来ました(´∀`)

P1000553.jpg
↑は裏山から見た景色です。カルデラ湖の畔にお寺が立ってました。
実際見るまでは、もっと陰気臭くてじめじめしていて澱んだ空気が漂っているのかな~、と
考えていたのですが全然そんなことは無く、カラッとした景色が広がってました。
当日は風めっちゃ強かったです。

P1000552.jpg

なんつーか

P1000551.jpg

開山当時から「造った」のではなく元々こーゆー風景だったとしたら、すごいですね。
自然の神秘を感じますわぁん('∇')

P10005472.jpg

極楽浜です。距離的には本堂からそんなに離れておりませぬ。
湖に流れ込んだ硫黄成分らしきものが波うち際に集まっており、
それがエメラルドグリーンに見えてます。

P1000548.jpg

極楽浜と呼ばれるのも分る気がしますね(´∀`)

P1000550.jpg

P1000549.jpg

景色的には絶景でした。
よく話に出てくるようなおどろおどろしいものはあまり感じませんでした。
極楽浜を見渡せる丘付近のあちらこちらに、小さくして亡くしてしまった子どもさんの
名前が入った絵馬や小さな卒塔婆ちっくなものが置かれてあったくらいですね。

宿坊が隣接して立っているのですが、聞いた話によると何年か前に改築したみたいで
今は小奇麗な温泉旅館風になってるそうです。
昔はすごかったらしいです。人が泊まるってレベルじゃねーぞー!!的な。
こちらも機会があれば宿泊してみたいのですが…
夜になったらお寺の人も宿坊の人もみんな引き上げてそこにいる人間自分一人だけ、
とかなったら気が狂って死んでしまうかもしれませんねw

皆様も機会があったら是非恐山へ(´ω`)
スポンサーサイト
別窓 | タルの遺構 | コメント:0 | トラックバック:0 | top∧
<<そうだ、京都へいこう! | はぐれタルタル 放浪編 | 幻の本屋>>
この記事のコメント
top∧
コメントの投稿


管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

top∧
| はぐれタルタル 放浪編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。