スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
スコップ侍
2008-01-11 Fri 20:02
これは今から約25年前、青森県五所川原市でのお話である。
それはある男が1本のスコップを手にしたことによって始まった…
その男は五所川原市内で飲み屋を経営していた。
そんなある晩、酔いも進み興に乗った店の客が1本のホウキを手にした。
そして、自分が歌っているカラオケの音楽に合わせて引き真似を始めたのだ。
店に居合わせた他の客達は大いに喜んで喝采の拍手をその客に捧げた。
しかし、それをよしとしない男が一人いた。
その男こそ、この店の経営者A(仮名)であった。
どうしてくれようか、と思案するAは店の中を見渡した。
視界に入り込んできたのは店の片隅に無造作に立てかけてあった1本のスコップ。

これだ!これであの客を…

Aはスコップを手にすると、その客の隣へと歩み寄っていった。
何事かとざわめく店の客達。緊張する店内の空気。
皆、Aの左手に握られているスコップを見つめている。
Aはスコップを握った左手を高く掲げると先端の金属部分を自分の腹部に持っていった。
そして右手に握られていた栓抜きでその金属部分をリズミカルに叩き始めたっ…!!

これがスコップ三味線の始まりである(´∀`)

2~3日前にHNKの夕方ニュース(情報番組だったかも)で取り上げられたので
あー見た見た、という人もいるかもしれません。
実際に協会が設立されており、国際スコップ三味線選手権(うるおぼえ)てのも開催されて
いるみたいです。
スコップ三味線の教材ビデオも製作されており、この店のマスター自らが出演なさってます。
まぁ、全部TVの受け売りなんですけど^^^^

マスター曰く、スコップ三味線上達のコツは三つ!

一つ!右手に握った栓抜きはリズミカルに動かすべし!
一つ!左手はあたかも弦が存在するが如く動かすべし
一つ!一切の羞恥心を捨てるべし!

宴会等で披露すると大いにウケそうなスコップ三味線。
興味をもった方は勝手にググッてくだされ(^ω^)
スポンサーサイト
別窓 | タルの遺構 | コメント:0 | トラックバック:0 | top∧
<<タルタル最強伝説はじまった! | はぐれタルタル 放浪編 | ご挨拶>>
この記事のコメント
top∧
コメントの投稿


管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

top∧
| はぐれタルタル 放浪編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。