スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
あれからもうすぐ十日
2014-09-16 Tue 06:42
年をとると、体感的に月日の過ぎるのが早くなりますねぇ。
ということで、北アルプス山麓グランフォンド2014を走ってきました。
エントリーはもちろん120kmコースで。
コース通じて一番怖かったのは最初の下りっていうwwwwww
ある意味、死をも覚悟しました。
まぁ、あの日のことを思い出しながらづらづら書きます。(テッテレー



当日は朝五時頃に目が覚めました。
窓の外は時々小雨がパラついてます。
本降りになったら何もなかったことにして布団に潜り込もうとしばらく様子見していたのですが、天気予報を視たら午前中の早い時間帯から天気が回復するっぽい。
のそのそとレーパン姿に着替えて、持ってく荷物を100円ショップで買った買い物カゴ風なカゴに詰め込んで車を走らせます。
途中コンビニによりつつ、会場には六時過ぎに到着。
受付を済ませ、ロードバイクに空気を入れたりなんだり準備をしてから便所に行ったんですけど、大が大行列でした。
自分の番がくるのが先か、それとも黄金汁ブシャーーーが先か。
おまけに120kmコースは既に順次スタートしているもんで、本気であせりましたwww

バタバタしつつもなんとか無事にスタートに漕ぎつけました。
ALPS01.jpg

と思ったら、さっくり白馬エイドに。
AACRの時はひーこらぴーぎゃーとようやく辿り着いた感があったんもんで、今回は感動もイマイチ。
そこから栂池高原エイドは割と近かったです。
各エイドの頂いたものですが、白馬エイドではバナナとブルーベリー。
栂池高原エイドでは蕎麦を食しました。
蕎麦は湯がきたてだったこともあってか美味しかったんで、思わずおかわりしちゃいました^^

ここから次の美麻エイドまでが長い長いwww
急勾配な坂も登らなきゃならんし。
一応、坂の麓に美麻給水所ってのがあったんですけど、そこでは持参した塩タブレットを
齧りつつ水だけ補給して、本チャンの美麻エイドを目指したんですが……

坂なげーよーーーwww
登りは続くよどこまでも状態www
給水所のおっちゃんが4kmちかく距離があるっていってたけど、ここまで登り続けるはめになるとは思わなんだwwww
でも、長岡CCの登りで死兆星を見かけた自分にしてみれば、この程度の坂なんてまだ可愛いもんです(白目
なんとか登りきり、ほうほうの体で美麻エイドに到着。
エイドでは漬物バイキングやってました。塩分はうれしいけど、これはおにぎりが欲しくなりますなぁ。
AACRの時は漬物バイキングの一個前のエイドにおにぎりがあっったんですが、前回参加者の人たちは一個余分にもらって次のエイドまで走り、漬物と一緒に食すという裏ワザを披露してくださいました。くやしいっっ!
それを見て、来年自分もそうしようと固く心に誓いました。
美麻エイドを出てからも登り基調が続き、なかばげんなりし始めた頃、峠の直前に曽山給水所がありました。
といってもこじんまりとしたもので、自分は素通りしましたがそこではスポーツドリンクが補給できた模様です。

で、大峰高原エイドに到着。
なんとここでおにぎりがw
さすがに漬物は持って来れなかったなー、と思っていたらネギ味噌、梅干しの他にちょっとした漬物があるじゃないですか。
心の中で小躍りしつつ、おにぎりをもらってぱくつきます。
あー、おいしーーー。

コメってどこまで美味いんだ。コシヒ(略

と、思わずゴローちゃんになっちゃった。

飯も喰ったし水も補給したし便所も済ませたし、さて出発するかって時にピコーン!と思いつき、追加でおにぎりをもらってこっそり懐に忍ばせます。
そっからは下りが長々と続きました。
無事に麓に降りてしばらく平地を走ると松川エイドとゴールへの分岐交差点に出たんですが、コースをよく把握していないまま走っている人が中にはおりまして、松川エイドに向かわずそのままゴール方面に走っていく人もいました。
実は自分もその中の一人だったんですがwww
あやうくスルーしてしまうところでした。
いやー、声をかけてくれた人ありがとうございました。感謝感謝。

松川エイドってのは安曇野ちひろ公園にありまして、そこではフルーツを配ってました。
もちろん、自分はそこで大峰高原から持ってきたおにぎりを頬張りましたがwwww
今度時間のある時に、美術館の方もゆっくりと見てみたいものです。

ところが、ここから脚の残り燃料が怪しくなってきました。
長岡CCで死にかけた経験を踏まえて補給、とくに塩分を意識して摂取してきましたがなんだかちょっと変。
平地ではスピードが徐々に落ちてきてるのに、登りになったら調子がよくなるっていう。
この逆転現象、一体なんぞ?wwww

なんだかんだで、最終エイドの大町温泉郷エイドに到着。
おざんざおいしいれす。おかわりしたのれす。
エイドを出発してまもなく、AACRで漬物バイキングを開催していた広場がコース沿いにありました。
もちろん人っ子一人もいません。なんだか懐かしくもあり、寂しくもあり……

さて、いよいよコースは最終局面。最後の登りにさしかかりました。
約2kmの急勾配と聞いていたので、爺ガ岳スキー場を過ぎてからは内心ドキドキしていました。
自分の急勾配の基準が長岡CC坂になってるんで、出来るなら足を着かずにゴールしたいなぁ、とびくびくしながら登っていると急な坂が目の前に。
これが例の坂かー、とうとうきやがったかー!
と、ひーひー言いながらなんとか1kmほど登ります。
まだ半分かー、これより急な勾配になったら、いっそロードバイクを担いで走ろうか、なんて邪な考えが頭の中をわんさとよぎったていたところ、徐々に勾配が緩くなりやがて平場が見えてきました。
まさかの展開に え? え? え? と少し混乱しましたが、周りをよく見てみるとそこは朝車を停めた駐車場。
無事にゴールに帰ってくることが出来ましたwwwwww

最後、勝手に肩すかし食らった感じですが、今回参加した感想を一言で表すなら。

楽しかった。

これにつきますね。
誰かと競争するわけじゃないし、脚つってペダル漕げなくなるまで無理する必要もないし。
自分のペースで、コースや風景、地元の人たちとのふれあいを楽しんで。
また来年も参加したいなぁと思いました。
そういえば、AACRと比べると痛ジャージの人たちが少なかったような気がします。
今は規模や参加人数に違いはあるかもしれませんが、何年後かには春のAACR、秋のNAGF、と並び称される規模のサイクルイベントになれば、またおもしろくなってくるかもしれませんね。

ALPS02.jpg

次回参加予定は魚沼グルメライドです。
雪国マンゴー今から超楽しみwww
ぜってーおかわりしまくる!!!!
では、またーノシ

スポンサーサイト
別窓 | 自転車 | コメント:0 | トラックバック:0 | top∧
<<アルビの拒点力をあまり舐めないほうがいい。 | はぐれタルタル 放浪編 | にっぽん(小範囲な)お盆紀行 その2 涼味郷愁>>
この記事のコメント
top∧
コメントの投稿


管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

top∧
| はぐれタルタル 放浪編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。