スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
にっぽん(小範囲な)お盆紀行 その1 向日葵にっこり
2014-08-20 Wed 06:19
いやー、朝から暑い。
おかげで中途半端な時間に目覚めてしまいました。
せっかくなんで、自転車でのことなんぞを。
お盆序盤の出来事。

よし、明日は県境あたりまで行ってあとはアドリブでルートを決めよう。
とベッドに寝転がったら、翌朝四時前に目が覚めてしまった。オイィ?
まぁ、早く出立できればそんだけ距離走れるしなー、と脳内ポジティブ変換し
ゴソゴソと準備してキコキコと漕ぎだします。




DSC_0014.jpg

ということで、福島との県境まで来たのでした。
思ってたより早く着いた。

さーてここからどーすっかなーとスマホでグーグルマップを眺め、とりあえず西会津まで。
下り基調で15kmほど走ると道の駅があったので、そこで休憩&補給。
再度、グーグルマップと睨めっこ。

喜多方の文字が見え頭の中をラーメンがよぎったんですが、そこまでして喜多方ラーメン
喰いに行かんでもよかろうもん。
柳津方面に行くかどうかも悩んだんですけど、結局山手に入って山都~鹿瀬経由で
戻ることに決めました。

DSC_0020.jpg

山都に抜ける途中、ちょっとした向日葵畑がありました。
そーいや夏なんだよな、と改めて実感。
年はとりたくねぇもんだ……w

ところが、ここからしばらく先でちょっとしたアクシデントがっ!

いやね、本来曲がらなきゃならない場所をスルーしちゃって。
おかしいなー、変だな―、いつまでたっても看板らしい看板見ないなー。
そうこうするうちに、気がついたら喜多方まで8kmの表示。
R樽さん、なにがなんだかわからない。
最初から喜多方へ行こうってんならまだわかるんだ。
でも、行こうって気なんか全然なかったんだ!
ここでR樽さん思ったんだ。
ここまで来てしまったら、もう行くしかないだろうって!

そんなこんなでひったひったひったと喜多方に降臨。
お盆期間中だから空いてるかな? と思って坂内食堂に行ってみたら50人近く並んでいた。
お前ら、墓参りよりもラーメンのほうが大事なのかよww
と言いつつ、自分も人のこと言えんけどねwwwww

で、周辺をさまよった末に一軒の食堂へ。
ナンタラ会っていうノボリが出ているから間違いないだろう、と軒先に自転車を停めて
ガラッっと戸を開けたら、お昼時真っ只中だというのに誰もいない。
うっ、しまった……
と心の中で思ったけど、待ってましたとばかりに席に案内されてしまいすでに時遅し状態。
おそらくそこの娘さんでしょうか、それなりにカワイイこだったのが唯一の救いかwww

DSC_0027.jpg

所持金は少々の小銭に千円札が一枚。あとはカード類。
これからall山道で帰るので、自販機利用を考えれば少しでも多く小銭が欲しい。
なるべく安く済ませよう、とメニューの中で一番安い「ラーメン」を注文。
値段は550円だったので、大盛りに。
しかし、真の恐怖はこの後に待ちかまえていたのでした。
それはお会計の時にやってきました。

R樽 「ごちそーさまー。おいくらざんしょ?^^」
    (まぁ、+100で650円てところかな^^)
ラ娘 「ラーメン大盛りで750円でーーーす^^」
R樽 「……………^^」
    (うそーーー、大盛りで+200かよーーー!!???^^^^^^^)

無言で千円札を出すワタシ。
こんなんだったら我慢せずに特製ラーメン(850円、割とうまそうだった)にしとけばよかった…

いいようのない虚脱感をお土産に帰り道を足漕ぎ重くギコギコと。
まぁ、県境付近までは坂坂坂坂坂坂でゼーコラヒーハラと汁だく状態。
清水が二箇所くらいあったんですごく助かりました。
そんなこんなで無事帰宅。

走行距離:約200km
走行時間:朝6時前に出て夕方6時前に帰ってきたから…えーと、えーと…………よん?

喜多方……
自転車ではしばらく行かなくていいかなぁ……

DSC_0028.jpg

え、味?
喜多方ラーメンて味でした。
あとね、高速で売ってる喜多方ラーメンの麺てよく出来てるなぁてしみじみ思いましたまる









スポンサーサイト
別窓 | 自転車 | コメント:0 | トラックバック:0 | top∧
<<にっぽん(小範囲な)お盆紀行 その2 涼味郷愁 | はぐれタルタル 放浪編 | VS大宮>>
この記事のコメント
top∧
コメントの投稿


管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

top∧
| はぐれタルタル 放浪編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。